製品情報

トラブルシューティング(粉体)

ブロッキング

粉体塗料の容器の中で、粉同士が付着しあって塊状になること。
指で掴めないソフトなものからハードなものまであります。

〈要注意事項〉
1週間を超える休日前には、ブース内粉体塗料(塗料タンク内、塗装機配管内等の塗料も含む)のブロッキング対策が必要です。
休日中はブース内粉体塗料をビニール等の袋に回収し、所定温度の保冷倉庫内で保管してください。

チェック項目
要因・対処方法
保管温度が高くないですか。
30℃以下(但し、アクリル粉体塗料は27℃以下)で屋内にて密閉保管してください。
水分の多い環境で保管していませんか。
直接水分に触れないようにし、残った塗料は密閉にて保管してください。
多量の粉体塗料を一つの容器で保管していませんか。
自重でパッキングされることもあり、分割して保管してください。
搬送エア温度が高くないですか。
エアドライヤー及びオイルフィルタを点検し、異常があればただちに修理してください。
搬送エアおよび塗料に、水分、油が混入していませんか。
エアドライヤー及びオイルフィルタを点検し、異常があればただちに修理してください。
水分、油の混入箇所を追及し、その原因を排除してください。
TOP