製品情報

トラブルシューティング(粉体)

密着不良
塗膜が浮き上がり、剥離すること。素地剥離と塗膜間剥離があります。
チェック項目
要因・対処方法
素材が変わっていませんか。
前処理~焼付け炉の管理基準を見直してください。
素材により密着性は大きく異なります。
素材が肉厚ではありませんか。
焼付け条件を見直してください。焼付け型塗料での乾燥不良は、密着不良の傾向があります。
前処理後の水切乾燥が不十分ではありませんか。
水切乾燥条件を見直してください。
水切エアブローが汚染されていませんか。
水分、油分を除去してください。
前処理/塗装のインターバルは適正ですか。
前処理後、時間の経過した被塗物は、再度乾燥させてください。
膜厚は適正ですか。
塗装条件を見直し、膜厚を適正化してください。
被塗物に異物の付着はありませんか。
異物を除去してください。
リコートではありませんか。
焼付け温度、膜厚に注意してください。
サンディング処理も考慮してください。
ブース内で埃、油などが浮遊していませんか。
ブース周辺を清掃してください。アウターブースを設置してください。
焼付け条件が異常ではありませんか。
炉温を測定し、時間・温度・昇温カーブを適正化してください。
噴出し口を調整してください。
被塗物の形状が従来より大きく変化していませんか。
熱風、赤外線の当て方で焼付け状態が変わることがあります。
塗装後の保管環境が悪くありませんか。
保管環境を整備してください。
低温・低湿度下で、変化の少ない場所で保管してください。
TOP