製品情報

トラブルシューティング(溶剤)

ピンホール・ワキ
塗面に針穴のような小さな穴や突起があるものをワキといい、被塗物の素地から塗膜表面まで達しているものをピンホールといいます。
(注)ワキは、ごみと間違いやすいので注意。
チェック項目
要因・対処方法
厚膜になっていませんか。
適正膜厚に調整してください。
希釈シンナーは適正なものを使用していますか。
規定のシンナーで塗装してください。
塗装粘度が高くはありませんか。
塗装粘度を下げてください。
蒸発の遅いシンナーに変更してください。
気温が急に高くなっていませんか。
塗装粘度を下げてください。
蒸発の遅いシンナーに変更してください。
セッティング時期が短くありませんか。
コンベアスピードが早くなっていませんか。
規定の時間、セッティングしてください。
生産性などの関係でセッティング時間を短くする場合は、塗装粘度を下げてください。
蒸発の遅いシンナーに変更してください。
塗装方法を検討ください。
セッティング室の温度は高くありませんか。
塗装粘度を下げてください。
蒸発の遅いシンナーに変更してください。
セッティング室の温度を下げてください。
セッティング、乾燥場の風速が強過ぎませんか。
風速を調整してください。
シンナーの蒸発を遅くしてください。
被塗物の温度が高くありませんか。
被塗物の温度を下げてください。
塗装粘度を下げてください。
蒸発の遅いシンナーに変更してください。
焼付け温度の立上がりが急激に高くなっていませんか。
急激な加温は避けてください。
炉温測定を行い、炉内条件の調整を行ってください。
蒸発の遅いシンナーに変更してください。
吐出量は多くありませんか。
吐出量を下げてください。
吐出量が多くなる原因を調査してください。
塗装機は変わっていませんか。
変わっている場合は、塗装条件を再設定してください。
塗装工程は変わっていませんか。
変わっている場合は、塗装条件を再設定してください。
ブース内の風速が早く、指触乾燥が早くなっていませんか。
風速を下げてください。
 〈ブースの標準的な風速〉
  手吹ブース,REAブース:0.3~0.7m/sec
  静電ブース:0.1~0.5m/sec
塗装粘度を下げてください。
蒸発の遅いシンナーに変更してください。
塗料のロットは変わっていませんか。
ロットが変わったばかりか、古いロットのものではないか確認してください。
圧送圧が高くはありませんか。
霧化圧が低くはありませんか。
圧送圧が高い場合は、適正圧に下げてください。
低い場合は、霧化が悪くなるので適正圧に上げてください。
圧送タンクの中の塗料のかくはんが極端に早くありませんか。
攪拌(かくはん)をゆるやかにし、泡の発生を抑えてください。
被塗物を熱源までの距離が近過ぎませんか。
適正な距離を取ってください。特に、赤外線ランプ使用の場合は注意。
赤外線ランプを使っていませんか。
局部的な加熱があるので、ランプの位置を変えたり、ワット数を変えたり設備を調整してください。
塗装後流れ、たまりがありませんか。
均一な膜厚に塗装してください。塗装後、観察してください。
亜鉛メッキ、鋳物、アルミの材質を使っていませんか。
塗装条件を再設定してください。塗装後に空焼きしてください。(ガスピン防止)
被塗物表面に小さな穴、あるいは下塗り塗面に穴はありませんか。
穴埋め工程を入れてください。
TOP