製品情報

トラブルシューティング(溶剤)

流れ・タレ
塗装直後、または乾燥中に塗膜が流れることをいいます。
チェック項目
要因・対処方法
一度に厚塗りをしていませんか。
規定膜厚に調整してください。
厚塗りが必要な場合は、塗装間隔をあけ、塗り重ねてください。
吐出量が多過ぎませんか。
吐出量を調整してください。
希釈シンナーに蒸発の遅いものを使っていませんか。
適正なシンナーを使用してください。
塗料粘度が低くありませんか。
適正な粘度に調整してください。
塗料粘度が高いか、塗膜の指触乾燥が早く肌荒れを起こし、そのために厚塗りになっていません。
適正な粘度に調整してください。
適正なシンナーを使用してください。
規定膜厚に調整してください。
希釈シンナーの溶解力が悪くはありませんか。
溶解力のよいシンナーを使用してください。
微粒化が悪くありませんか。
塗装機、塗料の仕様を十分に確認して、塗装条件を再設定してください。
適正なシンナ―を使用してください。
ブース内の風速は早くありませんか。
パターンに乱れを起こしやすく、膜厚分布に差が生じるので風速を調整してください。
ブース内の温度は低くありませんか。
冬場の早朝、夕方の気温の低いときに注意してください。
蒸発の早いシンナーを使用してください。
エアコンディショニングをしてください。
部分的に不良となっていませんか。
吐出量の調整、吊り方、塗装機の配置などのバランスを調整してください。
被塗物のゆれが原因となっていませんか。
ゆれを無くしてください。コンベアのノッキングなどを調整してください。
ハンガーピッチのバランスはとれていますか。
特に端の部分が流れやすいので、適正なピッチを確保してください。
セッティング時間は短くありませんか。
焼付け乾燥の場合、セッティング時間が短いと乾燥初期に流れることがあります。
蒸発の早いシンナーを使用してください。
塗装条件を再設定してください。(標準セッティング時間は約10分)
セッティング室、乾燥室中の溶剤の濃度が高くありませんか。
排気を十分に行ってください。
溶剤ペーパー濃度や、湿度が高いと塗膜中の溶剤の蒸発が遅れ、流れの原因となります。
被塗物の形状が複雑ではありませんか。
凹凸部は特に注意してください。
塗装順序を検討し、必要があれは変更してください。
コンベアスピードが早過ぎませんか。
吐出量が多く必要となるため、塗装条件を再設定してください。
パターン幅は狭くなっていませんか。
適正なパターン幅で塗装してください。
TOP