製品情報

トラブルシューティング(溶剤)

硬度不足
乾燥塗膜が所定の硬さに達しない場合を硬度不足といい、塗膜表面に傷が付きやすいなどの問題を伴います。(常乾形の乾燥不足とは区別して考える。)なお、硬度測定の簡便法には、鉛筆引っかき値の破れ、すり傷確認、および爪による方法があります。
チェック項目
要因・対処方法
乾燥温度は低くありませんか。
規定の乾燥条件にしてください。特に焼付け塗料の場合は、炉温測定を行ってください。
乾燥時間は短くありませんか。
規定の乾燥条件にしてください。特に焼付け塗料の場合は、炉温測定を行ってください。
被塗物の形状は変わっていませんか。
形状、材質を調査し、熱伝導性が悪い場合は焼付け時間を延長するか、焼付け温度を上げてください。
被塗物の材質が肉厚ではありませんか。
形状、材質を調査し、熱伝導性が悪い場合は焼付け時間を延長するか、焼付け温度を上げてください。
部分的に硬度不足の傾向はありませんか。
炉温測定で各部位の温度を測定し、部位毎の温度差をなくしてください。特に赤外線乾燥炉の場合は、温度分布が不均一になりやすい。
膜厚が厚過ぎませんか。
適正な膜厚にしてください。
塗料のロットが変わっていませんか。
ロットが変わったばかりか、古いロットのものではないか確認してください。
被塗物が熱いときに硬度の測定をしていませんか。
被塗物が十分冷えてから測定してください。(通常24時間後)
測定する部屋の温度は高くありませんか。
適正な温度で判定してください。(20~25℃)
塗膜に可塑性物質(溶剤、可塑剤を含むプラスチックなど)の付着はありませんか。
可塑性物質との接触を避けてください。
混合比は適正ですか。(2液形塗料)
混合比を適正にし、よく攪拌(かくはん)してください。
TOP