製品情報

トラブルシューティング(溶剤)

乾燥不良
常乾の場合、所定の時間がきても塗膜の乾燥性が悪く、柔らかさと、ときには粘着性が残ることをいいます。
チェック項目
要因・対処方法
乾燥室(場)の温度が低過ぎませんか。
気温が極端に低い場合は、強制乾燥してください。
蒸発の早いシンナーに変更してください。
膜厚が厚過ぎませんか。
規定の膜厚にしてください。
部分的に乾燥不良の傾向はありますか。
部分的に厚膜になっている場合は、均一な膜厚にする。
塗料のロットが変わっていませんか。
ロットが変わったばかりか、古いロットのものではないか確認してください。
2液形の場合、混合比は適正ですか。
混合比を適正にして、よく攪拌(かくはん)してください。
乾燥室(場)の溶剤濃度が高くありませんか。
排気を十分に行ってください。
溶剤濃度が高かったり、湿度が高いと溶剤の蒸発が遅れ乾燥不良となります。
塗膜の可塑性物質(溶剤、可塑剤を含むプラスチックなど)の付着はありませんか。
可塑性物質との接触を避けてください。
希釈シンナーは適当なものが使われていますか。
気温に対して蒸発の早いシンナー、蒸発の遅いシンナーを使い分けてください。
特に2液形の場合には、規定のシンナーを使用してください。
溶解力の弱いシンナーを使用すると希釈量が多くなり塗膜に溶剤が残り易くなるので、適正なシンナーを使用してください。
TOP