製品情報

トラブルシューティング(溶剤)

つや引け(光沢不足)
塗面が曇ったり、ぼけたりして、つやの足りない状態をいいます。
チェック項目
要因・対処方法
薄膜になっていませんか。
規定の膜厚にしてください。
希釈シンナーは適正なものを使用していますか。
規定のシンナーを使用してください。
溶解力のよいシンナーを使ってください。
溶解力の弱いシンナーを使用すると、色・つやが変わるので、適正なシンナーを使用してください。
希釈シンナーの蒸発が早過ぎたり、遅すぎたりしませんか。
〈早過ぎる場合〉
スプレーダストの付着により、ぼけることがあります。
蒸発の遅いシンナーを使ってください。

〈遅過ぎる場合〉
薄膜になりやすいので注意してください。
焼付け温度は高過ぎませんか。
オーバーベークによるつや引けが考えられるので、炉温測定を行い、適正焼付け条件を調整してください。
塗装粘度が低過ぎませんか。
低過ぎると膜厚が保持できず、ぼけることがあります。
適正な粘度に調整してください。
前処理による吸込みではありませんか。
前処理の状態を調べてください。
下地による吸込みではありませんか。
下地の状態を調べてください。
ブース、セッティング室・乾燥室(場)の湿度が高くありませんか。
湿度が高いと、塗面に水が結露してブラッシング現象を起こし、つや引けとなります。
環境を低湿度にしてください。
常乾の場合、強制乾燥すると効果があります。
塗料のロットが古くないですか。
古いロットのものではないか確認してください。
塗料のかくはんは十分にされていますか。
攪拌(かくはん)を十分にしてください。
異種塗料が混入していませんか。
新しい缶の塗料でチェックしてください。
オーバーダストではありませんか。
オーバーダストにならないよう排気や塗装設備、塗り方、塗装条件などを調整してください。
塗装工程(特に下塗り塗料)が変わっていませんか。
適正な塗装工程にしてください。特に顔料の多い下塗り塗料をWet on Wetで塗装したり、パテの上に直接上塗りを塗装すると、吸込みによるつや引けが起こることがあります。
微粒化が悪くはありませんか。
溶解力のよいシンナーを使用してください。
塗装粘度を下げてください。
〈15:参考資料を参照ください〉
ガスチェッキングではありませんか。
乾燥炉の状態を調べてください。特に朝の立上り時、昼休み後の立上り時に注意が必要です。
バーナーの燃焼状態を調べてください。
色わかれはしていませんか。
色わかれの状態を調べ、色わかれを防止し再チェックしてください。
被塗物温度がブース温度に比べ、著しく低くないですか。
被塗物が結露しやすくなり、塗面がつや引けを起こすため被塗物を温めてください。
TOP